株式会社ウイストの取り扱い製品

株式会社ウイストでは、充填機に限らず、洗ビン装置やキャッパーなど幅広く製品ラインナップを取り揃えています。弊社では、企業様の生産体制、充填物特性に合った製品をご提案します。気になる製品があれば、一度お気軽にお問い合わせください。

株式会社ウイストの取り扱い製品

  • 洗ビン
  • ロボットシステム
  • 充填機
  • 包装工程合理化機器
  • ボトルフィード打栓機
  • 医療専用機
  • キャッパー
  • コンベア
  • 充填キャッパー
  • チェッカー

洗ビン

簡単・確実な洗ビン作業を実現します。

WS-2SF

WS-2SF

高い洗浄能力で長時間作業でも疲れ知らずの手動式エアー洗ビン機です。

詳しくはこちら

WS-2SFT

WS-2SFT

高い洗浄能力で長時間作業でも疲れ知らずの手動式エアー洗ビン機です。

詳しくはこちら

WS-4R/WS-6R/WS-8R

WS-4R/WS-6R/WS-8R

優れた新製品対応力と高い洗浄能力の直線型反転式エアー洗ビン機です。

詳しくはこちら

WSS-R

WSS-R

ビンホルダーなどの専用部品が不要な多品種生産向けリンサーです。

詳しくはこちら

このページのトップへ

ロボットシステム

作業を自動でロボットに任せるシステムです。

ラベラーゲンコツロボット

ラベラーゲンコツロボット

FANUC社製パラレルリンクロボットを搭載し、製品の天面・側面・斜面と様々な面に自在にラベルを貼り付けます。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

トッピングロボット

トッピングロボット

整列させづらい製品の生産工程の合理化に貢献!!

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

高速ボトル供給ロボット

高速ボトル供給ロボット

デクスター、パーツフィーダに変わる専用部品が不要なボトル供給装置です。

詳しくはこちら

袋物充填 シール装置Cellシリーズ

袋物充填 シール装置Cellシリーズ

シンプルな製品切り替えと低コストでの自動化を実現します。

詳しくはこちら

カートナー供給ロボット

カートナー供給ロボット

ボトルやピロー品のカートナーへの供給を自動的に行うデスクトップロボットです。

詳しくはこちら

カートナー集積供給ロボット

カートナー集積供給ロボット

カートナーへの段積み集積、供給を自動的に行うデスクトップロボットです。

詳しくはこちら

ロンド品装填ロボット

ロンド品装填ロボット

ボトルの品種、装填本数の自動対応を行う為に、 ロボットのハンドは品種に合ったハンドをロボットが自動的に交換するオートハンドチェンジャが組み込まれています。

詳しくはこちら

このページのトップへ

充填機

TPSシリーズ高精度ストレートチューブサーボ充填機

TPSシリーズ高精度ストレートチューブサーボ充填機

チューブ充填機のメリットはそのままにチューブを加圧してしごくのでは無く、ソフトに加圧して液 送を行うのでチューブのよれやたくれが無いので生産中での充填量変化がなく高精度です。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

CPSシリーズ高精度サーボ充填機

CPSシリーズ高精度サーボ充填機

広範囲な粘度に対応します。水~クリーム状の液体、粘体を1台で定量充填できしかも瞬時に品種切り替えが可能です。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

CPRシリーズツインサーボ充填機

CPRシリーズツインサーボ充填機

左右の吐出量が調整できる2本同時充填は休止時間が短い高い効率の充填が行えます。左右交互充填は必要充填量を自動的に左右のシリンダーに振り分け、交互に連続的に充填する大容量充填です。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

VPSシリーズ縦型サーボ充填機

VPSシリーズ縦型サーボ充填機

自動充填ラインへの組み込みに場所を取らない縦型仕様となっています。

詳しくはこちら

LPSシリーズライン組み込みサーボ充填機

LPSシリーズライン組み込みサーボ充填機

液体~味噌の粘度に対応、 カレー、グラタン等の具材もつぶさず充填が可能です。

詳しくはこちら

DPS-2000大口径サーボ充填機

DPS-2000大口径サーボ充填機

特に大きな具材をつぶさず充填が可能です。
(最小通過径φ60mm)

詳しくはこちら

WFシリーズ重量式充填機

WFシリーズ重量式充填機

充填量の重さの設定が可能です。

詳しくはこちら

口紅多連サーボ充填機

口紅多連サーボ充填機

口紅への連続充填が可能です。

詳しくはこちら

カッターノズルキャップ供給機付きキャッパー

カッターノズルキャップ供給機付きキャッパー

肉やたまねぎ、もずく、等の繊維質もきれいにカットします。

詳しくはこちら

このページのトップへ

包装工程合理化機器

高度なキャップ締めを実現。

キャップシール装置

キャップシール装置

500mmの巾があれば設置できるコンパクト設計が可能です。

詳しくはこちら

画像処理式ボトル位置合わせ

画像処理式ボトル位置合わせ

柔軟性の高いサーボ式ベルトフィーダです。

詳しくはこちら

トレーチェンジャー

トレーチェンジャー

サイドベルトの巾調整で簡単に品種切り替え可能です。

詳しくはこちら

このページのトップへ

ボトルフィード打栓機

ボトル・中栓・キャップの打栓が可能です。

WD-2V

WD-2V

新製品対応力を追求した連続加圧式ベルト打栓機 WD-2Vです。

詳しくはこちら

WD-2T

WD-2T

新製品対応力を追求した瞬時停止指揮エアー打栓機 WD-2Tです。

詳しくはこちら

このページのトップへ

キャッパー

高精度なキャップ締めを実現。

スタンド型サーボキャッパーSC-1/SC-2

スタンド型サーボキャッパーSC-1/SC-2

キャップ締め付け時常にトルクの変化を管理し指定トルクに達するまで締めつけるため、クラッチ式のように空回りによる締付不良が発生しません。また、ねじ不良などの空転時はアラームで知らせます。

詳しくはこちら

ライン組込型サーボキャッパーSC-3/SC-4

ライン組込型サーボキャッパーSC-3/SC-4

新製品対応力を誇るコンパクトなインラインキャッパーです。

詳しくはこちら

ライン組込型サーボキャッパーSC-3TR

ライン組込型サーボキャッパーSC-3TR

高生産性、高新製品対応力を実現するハイパフォーマンスインライン式キャッパーです。

詳しくはこちら

キャップ供給付きキャッパーSC-5

キャップ供給付きキャッパーSC-5

ボトルチェンジ位置決めは、サーボベルト式チェンジャにより交換部品不要、しかもサイドベル巾のみの調整で簡単に切り替えできます。

詳しくはこちら

このページのトップへ

コンベア

移動型や充填機にも対応。

移動型サイドベルトコンベア

移動型サイドベルトコンベア

IJPの捺印やコンベア間の渡りにセッティング、移動が簡単なサイドベルト式コンベアです。

詳しくはこちら

汎用サーボコンベア

汎用サーボコンベア

タレかけ作業に威力を発揮します。

詳しくはこちら

このページのトップへ

充填キャッパー

充填・キャッピングが同時に可能です。

多品種対応充填キャッパーWBシリーズ

多品種対応充填キャッパーWBシリーズ

新開発Gシール式チューブ充填とクリーム充填の複合マシンです。自立するボトル用。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

WRシリーズWR-1FC

WRシリーズWR-1FC

扱いにくいボトルやスパウトパウチを効率よく充填します。回転を必要とするジャー用。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

WRシリーズWR-300BF

WRシリーズWR-300BF

コンパクトな直線型回転脱泡式クリーム充填機です。回転を必要とするジャー用。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

WRシリーズWR-80S/WR300S/WR-500S/WR-1000S

WRシリーズWR-80S/WR300S/WR-500S/WR-1000S

クリームの回転充填と液体充填の複合機です。回転を必要とするジャー用。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

オルダーリンク式充填機HLシリーズ

オルダーリンク式充填機HLシリーズ

マスカラ、リップグロウ、ペンシル容器、少量サンプル品の充填キャッパー。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

チューブ充填シーラーWGシリーズ

チューブ充填シーラーWGシリーズ

多品種対応装備です。新開発Gシール式チューブ充填とクリーム充填の複合マシンです。多品種の生産はもちろん、新製品にも柔軟に対応し、1台での生産を可能にしました。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

このページのトップへ

チェッカー

生産工程で重欠陥と指摘される、装填部品の抜け検査、排出が可能です。

ISC-1

ISC-1

生産工程で重欠陥と指摘される、装填部品の抜け検査を実施します。

※画像をクリックするとPDF形式で資料が表示されます。

詳しくはこちら

PDFをご覧になるにはAdobe Systems社より無償提供されているAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから

製品に関するお問い合わせはこちらから

このページのトップへ